モンゴルの秘められたスーパーフード、大切な生命の実"シーバックソーン(チャチャル・サジー)"を感謝と敬愛の念でお届けします

シーベリーとサジーの違いは?

栄養が豊富なシーベリー。ぜひこれから積極的にとっていきたいですよね。ただ、同じシーベリーでも、シーベリーのどの部分を原料にしているかで栄養成分の含有量は大きく変わってしまいます。また、産地などによっても品質にかなり差が出てきてしまいます。

色味、フレッシュ感、風味の違い

モンゴル国産シーベリーと中国産サジーの色の違い

ではどのシーベリーを選べばよいのか、オレンジの実の色の鮮やかさと濃厚さで判断できます。その点でいうと、モンゴルのシーベリーは中国産のサジーに比べて色が鮮やかで、フレッシュ感や風味もよいのが特徴です。

モンゴル高原の過酷な自然環境で育ったシーベリー

モンゴル高原

モンゴル高原では、夏と冬の気温差が最大で95℃。年間降雨量は300ml~500mlですが、これは日本の年間降雨量の4分の1程度。乾燥した気候だと言えます。また、平均標高1480mの高緯度高原では、日本の2倍程度の紫外線が降り注ぎます。このような過酷な環境で育つモンゴルのシーベリーはオレンジの色味が強く、古来より、民間伝承薬として、健康管理や肌のお手入れなどに取り入れられてきました。チンギス・ハーンが戦場へと赴く際、兵士や馬にシーベリーの果実を食べさせて精気を養ったという逸話も残されています。

チャチャル商品ご購入はこちら

ご利用案内

チャチャルとは?

アンテナショップMON

アクセス

Facebook

宝島ジャパン

あったかストア

モンゴルの秘められた大切な生命の実"チャチャル(サジー)"を感謝と敬愛の念でお届けします